GE ゼネラルエンジニアリング

GE社の関わり

GE社の関わり

これまでゼネラルエンジニアリング社(以下、GE社)では、ITERの国内機関である量子科学技術研究開発機構(以下、量研機構)と契約し、1992年以来20年以上にわたって量研機構との技術協力を続けて参りました。

現在では30名以上のGE社の技術者が那珂核融合研究所内にある量研機構で勤務しています。

ITERの核融合炉を構成する機器のうち、日本国が製作を担当しているソレノイドコイル、高周波加熱装置、遠隔保守装置(保守ロボット)などの設計や品質保証業務にGE社の技術者が貢献しています。

また、フランスに所在するITER機構の職員を志望する方の応募書類作成や面接の支援なども行っています。

ページトップへ

GE ゼネラルエンジニアリング