採用情報

配属までの流れ

好きなモノを作るために。あなたらしくあるために。 エンジニアの配属先は、単に習得している技術だけで決まるものではありません。
“エンジニアが最も力を発揮できるためにはどうしたらよいか“
私たちは、そうした視点から配属先を調整しています。

応募
ホームページ登録、説明会出席、書類提出等
選考
書類(1次)、面接及び筆記試験(2次)
内定
内定者ミーティング含む
入社
入社式・新人研修(新卒のみ)
導入研修
配属先のニーズに合わせた研修
配属
サポート
フォローアップ

応募選考

  • 応募

    ホームページ、説明会、郵送での応募を随時受け付けています。

  • 選考

    1次2次とも選考の結果は全員にお知らせしています。
    1次通過者には、2次面接のスケジュール調整をお願いしています。

内定・入社

  • 内定者ミーティング

    内定者一人ひとりに合った研修カリキュラムを準備するため、経歴や希望業務等を詳しくヒアリングする重要なミーティングです。

  • 入社

    入社式・新人研修(新卒のみ)
    この日から、GEのエンジニアとしての第一歩が始まります。

カウンセリング

どのような製品の開発に携わりたいのか、どのような技術を習得したいのかといった本人の志向と、人物面や性格面などの適性を、営業担当を中心としたチーム体制で把握します。

導入研修(配属先のニーズに合わせた研修)

配属先の決定にあたっては、エンジニアが現在習得しているスキルと、クライアントが必要としているスキルの両方の内容が確認されます。
その上で、エンジニアに不足している技術、身につけておきたい技術などを判断し、不足の部分がある場合、技術担当の専任トレーナーが導入研修という形のカリキュラムを組み、スムーズに業務に参加できるように技術支援を行っています。
状況によっては、配属先から機材や教材、取り扱い製品の提供を受けて、こうした事前の研修が行われることもあります。

配属

たとえば、業務内容は何か、業務にはどのような技術が必要か、あるいは業務を通じてどのような技術を習得できるのか、配属先プロジェクトの人員構成はどうなっているのか、チームの雰囲気やリーダーの性格はどうなのかなどの情報を収集して、内容を確認します。
企業レベルの情報についても、創業以来40年以上の蓄積された情報から、業務に関連するものをピックアップし加味することも忘れません。
これらの情報を吟味した上で、本人の希望と適性に基づき、もっともマッチした配属先が調整されます。

サポート(フォローアップ)

配属が決まったあとも一定期間、エンジニアとお客様の双方の視点から、ミスマッチがないかを慎重に確認することも忘れません。
その後も、「労務」、「技術」、「営業」が一体となった体制でのフォローアップを行っています。

Pick Up

会社案内MOVIE

会社案内MOVIE
GEを知る。
先輩エンジニアの声を聞く。
GE会社案内MOVIE

MESSAGE

MESSAGE
あなたの「挑戦と創造」で
世界を変えてみませんか。 ゼネラルエンジニアリング 代表取締役社長 加藤 靖之

働き方

働き方
「生涯一エンジニアとして活躍したい」
「好きなモノづくりを続けたい」
GEの働き方

Recruit

新卒採用

2018年卒の方

キャリア採用

キャリアの方、第二新卒の方

下記就職情報サイトからも「エントリー」を受け付けています。

  • リクナビ2018
  • マイナビ2018
ページトップへ

GE ゼネラルエンジニアリング