GE ゼネラルエンジニアリング

社員インタビュー

福原 隆之

2013年 中途入社 本社
自動車ワイヤーハーネス3Dレイアウト検討

GEは研修体制が充実している。
だから安心して働ける。

GEは、研修にとても力を入れているところのが良いところだと思います。色々な会社で様々な開発現場に携われることも魅力です。反面、開発現場がガラッと変わり都度その業務に対して、新しい知識や技術が必要になります。GEは研修設備が充実しており、各種ツールや資料も幅広くそろっていますし、配属先の希望に合わせた研修も受けることが出来ます。
設計ツール一つを取っても、配属先によって使用するツールは様々で、操作方法も異なりますが、事前に操作を経験しておくだけで安心感も生まれ、スムーズに業務に入ることが出来ます。

自分の設計が車に搭載される。
エンジニアには柔軟な発想力が必要。

現在、私は車両に搭載されるワイヤーハーネスの3Dレイアウトの設計業務をしています。
この業務に限ったことではありませんが、自分が設計したものが実際に車両に搭載され、製品として販売されることを考えると、責任がある仕事ですが、とても楽しみでやる気が出ます。この業務に就いて面白かったことは車の内部を見ることが出来たことです。普段、身近にあるものの仕組みや内部を実際に見て、さらには自分で作ることが出来るのがエンジニアの魅力だと思うので、今の配属先でその魅力を堪能しています。
ハーネスというのは基本的に柔らかいもので、かなり自由に動きます。そのため、周りの部品との関係や、それによって生じる不具合などの考慮すべきことがたくさんあり、まさかそのような動きはしないだろうと思うことも想定して対策をする必要があります。私の考えを述べたときに、「こんな状況は検討した?」と聞かれ、そんな視点や考え方があったのかと驚くこともよくあります。あらゆることを想定した柔軟な発想力が必要で、とても難しいですが、やりがいのある仕事だと思っています。

納得するまで話し合うことが、
エンジニアとして大切。

エンジニアとして大切なことは、疑問を声に出すことだと思います。仕事をしていると、そこは違うとか、ここはもっとこうして欲しいなどの指摘を受けることがあります。指摘内容に対して自分が納得できれば問題は無いのですが、指摘内容の意味、意図がよくわからないときや、納得のいかないことがあります。そのとき相手が言っているのだからその通りにすればいいと仕事を進めてしまうと、似たような状況になったときにまた同じ指摘を受けることになるでしょうし、自身の経験にもなりません。相手の指摘に少しでも疑問や納得のいかないことがあれば、納得できるまで聞くこと、自分の意見を言うことが大事だと思います。ときには相手と衝突することもあるかもしれませんが、自分の意見をぶつけ、相手の考えを聞くことで、その人のことをよく理解でき、自分のことも理解してもらえると思います。その積み重ねが、職場の人間関係や、良い仕事につながっていくと思います。

Pick Up

会社案内MOVIE

会社案内MOVIE
GEを知る。
先輩エンジニアの声を聞く。
GE会社案内MOVIE

MESSAGE

MESSAGE
あなたの「挑戦と創造」で
世界を変えてみませんか。 ゼネラルエンジニアリング 代表取締役社長 加藤 靖之

働き方

働き方
「生涯一エンジニアとして活躍したい」
「好きなモノづくりを続けたい」
GEの働き方

Recruit

新卒採用

2017年卒の方

キャリア採用

キャリアの方、第二新卒の方

下記就職情報サイトからも「エントリー」を受け付けています。

  • リクナビ2017
  • マイナビ2017
ページトップへ

GE ゼネラルエンジニアリング