GE ゼネラルエンジニアリング
ゼネラルエンジニアリングはマイナビのグループ企業です
ITER機構

公募情報

公募情報

現在募集されている職種は以下の通りです。クリックで詳細が開きます。

※本求人はITER機構の日本国内機関である量子科学技術研究開発機構から委託を受け、ゼネラルエンジニアリング社が募集に関する支援を行っております。ご応募いただいた方に対して、ITER機構へのご応募、選考参加に関してサポートさせて頂いております。

ITER計画は、1985年ジュネーブでの米ソ首脳会談をきっかけとして開始された、新エネルギー開発の超大型国際プロジェクトです。 35年計画で、核融合エネルギーが科学技術的に成立することを実証する為に、人類初の核融合実験炉を実現しようとしています。
計画は日本・欧州連合(EU)・ロシア・米国・韓国・中国・インド の七極により進められており、現在フランスのサン=ポール=レ=デュランスにて実験炉を建設中です。
最先端分野の研究者と一緒に、将来、世界に貢献する技術・装置の開発プロジェクトに関われるのは得がたい経験です。国際的に注目されるビッグプロジェクトの一員として働いていただける方を募集しております。

■ポジション名

【ITER機構】Legal Officer (IO0934&0987)

■仕事内容

― ITER機構が直面している法的問題及び関連する政策について、全内部部門/ユニットに対し法的アドバイスを行う業務。 保険と契約管理に特化し、保険ポリシーの管理、及び取引業者/保険会社とITER機構の技術部門間の調整を行います。

■募集条件(概要)

― 次のいずれかのバックグラウンド(ビジネス法、保険、契約管理、交渉、労働法、移民法)をもち、産業界/研究機関における少なくとも5年以上の経験(P3の場合は少なくとも8年以上):
― ビジネス法またはその他の関連分野における「修士号」または同等の資格(相当な経験があれば学歴条件が免除されます)。
― 流暢(スピーキング&ライティング)
― フランス語(スピーキング&ライティング)の能力があれば有利

技術的要件:
― 法的で技術的な背景、法的ビジネス要件の深い理解があり、技術法務のバックグラウンドがあること
― フランス保険法の知識/実践経験は有利
― 建設プロジェクトにおける保険プログラム及び保険金請求の管理業務経験
― 運転、構造、調達、及び国際法または国内法の関係者の関係を管理する規則及び原則を理解していることが望ましい。
― 法的領域において、ベストプラクティスを担保するためのポリシー及びガイドラインの開発能力
― 法的な問題意識の分析、機構全体及びプロジェクト環境を考慮した、リスクを評価、オプションが提案できること。
―ITER機構の特性(技術的、政治的、その他の文脈)を考慮し法的に満足のいくものにするための、複雑且つ様々な文書を起案することができる
― 外部関係者との契約および協定の準備、交渉、及び法定、裁判所における訴訟前段階
/訴訟に対する機構側の防衛準備の経験があること
― コンピューターおよびIT能力: マイクロソフトオフィスパッケージに堪能


---------------------------------------------------------------------------
各公募情報の詳細は #ITERJapan HPをご覧ください。
http://www.fusion.qst.go.jp/ITER/staff/page6_2.html

■勤務地

フランス ITER機構

■グレード

P2(初年度Real Net 57,337ユーロ)

*Real Net: 手取り額(内部税、年金、医療・死亡・傷害保険差し引き後)

■その他

社会保険完備 / 住宅手当 / 家族手当 / 育児支援制度 / 研修あり

・赴任旅費・転居費用 全額支給
・現地には日本語教育を受けられる国際学校があります。

ITER計画は、1985年ジュネーブでの米ソ首脳会談をきっかけとして開始された、新エネルギー開発の超大型国際プロジェクトです。 35年計画で、核融合エネルギーが科学技術的に成立することを実証する為に、人類初の核融合実験炉を実現しようとしています。
計画は日本・欧州連合(EU)・ロシア・米国・韓国・中国・インド の七極により進められており、現在フランスのサン=ポール=レ=デュランスにて実験炉を建設中です。
最先端分野の研究者と一緒に、将来、世界に貢献する技術・装置の開発プロジェクトに関われるのは得がたい経験です。国際的に注目されるビッグプロジェクトの一員として働いていただける方を募集しております。

■ポジション名

【ITER機構】Legal Officer (IO0934&0987)

■仕事内容

― ITER機構が直面している法的問題及び関連する政策について、全内部部門/ユニットに対し法的アドバイスを行う業務。 労働法、移民法及びそのアプリケーションに特化した業務を行います。複雑、細かい且つ財務的要素を含んだITERプロジェクト運営に関する法的活動/協定の起案または交渉を担当していただきます

■募集条件(概要)

― 次のいずれかのバックグラウンド(ビジネス法、保険、契約管理、交渉、労働法、移民法)をもち、産業界/研究機関における少なくとも5年以上の経験(P3の場合は少なくとも8年以上):
― ビジネス法またはその他の関連分野における「修士号」または同等の資格(相当な経験があれば学歴条件が免除されます)。
― 流暢(スピーキング&ライティング)
― フランス語(スピーキング&ライティング)の能力があれば有利

技術的要件:
― 法的で技術的な背景、法的ビジネス要件の深い理解があり、技術法務のバックグラウンドがあること
― フランス保険法の知識/実践経験は有利
― 建設プロジェクトにおける保険プログラム及び保険金請求の管理業務経験
― 運転、構造、調達、及び国際法または国内法の関係者の関係を管理する規則及び原則を理解していることが望ましい。
― 法的領域において、ベストプラクティスを担保するためのポリシー及びガイドラインの開発能力
― 法的な問題意識の分析、機構全体及びプロジェクト環境を考慮した、リスクを評価、オプションが提案できること。
―ITER機構の特性(技術的、政治的、その他の文脈)を考慮し法的に満足のいくものにするための、複雑且つ様々な文書を起案することができる
― 外部関係者との契約および協定の準備、交渉、及び法定、裁判所における訴訟前段階
/訴訟に対する機構側の防衛準備の経験があること
― コンピューターおよびIT能力: マイクロソフトオフィスパッケージに堪能



---------------------------------------------------------------------------
各公募情報の詳細は #ITERJapan HPをご覧ください。
http://www.fusion.qst.go.jp/ITER/staff/page6_2.html

■勤務地

フランス ITER機構

■グレード

P3(初年度Real Net 68,939ユーロ)

*Real Net: 手取り額(内部税、年金、医療・死亡・傷害保険差し引き後)

■その他

社会保険完備 / 住宅手当 / 家族手当 / 育児支援制度 / 研修あり

・赴任旅費・転居費用 全額支給
・現地には日本語教育を受けられる国際学校があります。

ITER計画は、1985年ジュネーブでの米ソ首脳会談をきっかけとして開始された、新エネルギー開発の超大型国際プロジェクトです。 35年計画で、核融合エネルギーが科学技術的に成立することを実証する為に、人類初の核融合実験炉を実現しようとしています。
計画は日本・欧州連合(EU)・ロシア・米国・韓国・中国・インド の七極により進められており、現在フランスのサン=ポール=レ=デュランスにて実験炉を建設中です。
最先端分野の研究者と一緒に、将来、世界に貢献する技術・装置の開発プロジェクトに関われるのは得がたい経験です。国際的に注目されるビッグプロジェクトの一員として働いていただける方を募集しております。

■ポジション名

【ITER機構】アシスタント IO0995 (1200)

■仕事内容

契約期間:未定 募集人数:最大4名 ― 各対象部署/オフィス・ディビジョンにおいて、多岐に渡る事務・秘書的業務、計画・組織関連の業務を行う。 ― 職員の業務が滞りなく遂行できるよう、他の事務アシスタントや秘書と協力してITER職員に対する事務的サポートを行う。

■募集条件(概要)

― 大規模な国際プロジェクト、企業または複雑な組織におけるアシスタントまたは秘書の職務における5年以上の経験
― 「学士号」(事務又は秘書分野)(相当な経験があれば学歴条件が免除されます)。
― 英語: 流暢(ライティング及びスピーキング)
― フランス語(ライティング及びスピーキング)のスキルがあれば尚有利
---------------------------------------------------------------------------
各公募情報の詳細は #ITERJapan HPをご覧ください。
http://www.fusion.qst.go.jp/ITER/staff/page6_2.html

■勤務地

フランス ITER機構

■グレード

G3(初年度Real Net 42,245ユーロ)

*Real Net: 手取り額(内部税、年金、医療・死亡・傷害保険差し引き後)

■その他

社会保険完備 / 住宅手当 / 家族手当 / 育児支援制度 / 研修あり

・赴任旅費・転居費用 全額支給
・現地には日本語教育を受けられる国際学校があります。

ITER計画は、1985年ジュネーブでの米ソ首脳会談をきっかけとして開始された、新エネルギー開発の超大型国際プロジェクトです。 35年計画で、核融合エネルギーが科学技術的に成立することを実証する為に、人類初の核融合実験炉を実現しようとしています。
計画は日本・欧州連合(EU)・ロシア・米国・韓国・中国・インド の七極により進められており、現在フランスのサン=ポール=レ=デュランスにて実験炉を建設中です。
最先端分野の研究者と一緒に、将来、世界に貢献する技術・装置の開発プロジェクトに関われるのは得がたい経験です。国際的に注目されるビッグプロジェクトの一員として働いていただける方を募集しております。

■ポジション名

【ITER機構】秘書 IO0995 (1200)

■仕事内容

契約期間:未定 募集人数:最大4名 ― 各対象部署/オフィス・ディビジョンにおいて、多岐に渡る事務・秘書的業務、計画・組織関連の業務を行う。 ― 職員の業務が滞りなく遂行できるよう、他の事務アシスタントや秘書と協力してITER職員に対する事務的サポートを行う。

■募集条件(概要)

― 大規模な国際プロジェクト、企業または複雑な組織におけるアシスタントまたは秘書の職務における3年以上の経験
― 事務または秘書の分野で、高校卒業後少なくとも2年の学位・資格(短大、専門学校等)。
― 英語: 流暢(ライティング及びスピーキング)
― フランス語(ライティング及びスピーキング)のスキルがあれば尚有利


---------------------------------------------------------------------------
各公募情報の詳細は #ITERJapan HPをご覧ください。
http://www.fusion.qst.go.jp/ITER/staff/page6_2.html

■勤務地

フランス ITER機構

■グレード

G2(初年度Real Net 38,092ユーロ)

*Real Net: 手取り額(内部税、年金、医療・死亡・傷害保険差し引き後)

■その他

社会保険完備 / 住宅手当 / 家族手当 / 育児支援制度 / 研修あり

・赴任旅費・転居費用 全額支給
・現地には日本語教育を受けられる国際学校があります。

ITER計画は、1985年ジュネーブでの米ソ首脳会談をきっかけとして開始された、新エネルギー開発の超大型国際プロジェクトです。 35年計画で、核融合エネルギーが科学技術的に成立することを実証する為に、人類初の核融合実験炉を実現しようとしています。
計画は日本・欧州連合(EU)・ロシア・米国・韓国・中国・インド の七極により進められており、現在フランスのサン=ポール=レ=デュランスにて実験炉を建設中です。
最先端分野の研究者と一緒に、将来、世界に貢献する技術・装置の開発プロジェクトに関われるのは得がたい経験です。国際的に注目されるビッグプロジェクトの一員として働いていただける方を募集しております。

■ポジション名

【ITER機構】システム統合セクションリーダー IO0939 (1282)

■仕事内容

―システム統合セクションをリードし、システム統合に関するすべての事柄において統合部門の責任者をサポートする業務。 ― システム機能統合、エンジニアリング、インターフェース制御、安全/要求性能の実装、建設に関するインターフェース、最終統合された機器の試運転及び運用に関するすべての活動を管理及び調整すること。 ― 必要に応じて、横断機能的な問題を解決し、代替的なエンジニアリング設計ソリューションの開発に携わること。

■募集条件(概要)

応募条件
― システム工学設計の管理、及び大規模且つインターナショナルな科学分野/原子力プロジェクトの統合(要件、インターフェース、構成管理を含む)における10年以上の経験。
― 工学分野または関連分野の「修士号」又は同等の学位(相当な経験があれば学歴条件が免除されます)

技術要件:
― 英語:流暢(スピーキング&ライティング)
― 原子力産業関連の環境下で、さまざまな技術分野の専門家との調整経験は望ましい。
― 原子力または複雑な施設の建設及び試運転の経験
― インターフェース管理能力
― 原子力の品質保証プログラム、安全規制、基準の実務経験があれば有利


---------------------------------------------------------------------------
各公募情報の詳細は #ITERJapan HPをご覧ください。
http://www.fusion.qst.go.jp/ITER/staff/page6_2.html

■勤務地

フランス ITER機構

■グレード

P5(初年度Real Net 98,993ユーロ)

*Real Net: 手取り額(内部税、年金、医療・死亡・傷害保険差し引き後)

■その他

社会保険完備 / 住宅手当 / 家族手当 / 育児支援制度 / 研修あり

・赴任旅費・転居費用 全額支給
・現地には日本語教育を受けられる国際学校があります。

ITER計画は、1985年ジュネーブでの米ソ首脳会談をきっかけとして開始された、新エネルギー開発の超大型国際プロジェクトです。 35年計画で、核融合エネルギーが科学技術的に成立することを実証する為に、人類初の核融合実験炉を実現しようとしています。
計画は日本・欧州連合(EU)・ロシア・米国・韓国・中国・インド の七極により進められており、現在フランスのサン=ポール=レ=デュランスにて実験炉を建設中です。
最先端分野の研究者と一緒に、将来、世界に貢献する技術・装置の開発プロジェクトに関われるのは得がたい経験です。国際的に注目されるビッグプロジェクトの一員として働いていただける方を募集しております。

■ポジション名

【ITER機構】Liquid and Gas Operations Responsible Officer IO0949

■仕事内容

ITER施設の液体・ガス系の安全且つ効率的、確実な運転を担当する業務。

■募集条件(概要)

- 大規模な施設で液体・ガス系運転管理の責任者として10年以上の実務経験。
- プロセス工学または関連分野の「修士号」または同等の資格(相当な経験があれば学歴位条件が免除されます。)
- 英語:流暢(ライティングとスピーキング必須)



---------------------------------------------------------------------------
各公募情報の詳細は #ITERJapan HPをご覧ください。
http://www.fusion.qst.go.jp/ITER/staff/page6_2.html

■勤務地

フランス ITER機構

■グレード

P4(初年度Real Net 82,872ユーロ)

*Real Net: 手取り額(内部税、年金、医療・死亡・傷害保険差し引き後)

■その他

社会保険完備 / 住宅手当 / 家族手当 / 育児支援制度 / 研修あり

・赴任旅費・転居費用 全額支給
・現地には日本語教育を受けられる国際学校があります。

ITER計画は、1985年ジュネーブでの米ソ首脳会談をきっかけとして開始された、新エネルギー開発の超大型国際プロジェクトです。 35年計画で、核融合エネルギーが科学技術的に成立することを実証する為に、人類初の核融合実験炉を実現しようとしています。
計画は日本・欧州連合(EU)・ロシア・米国・韓国・中国・インド の七極により進められており、現在フランスのサン=ポール=レ=デュランスにて実験炉を建設中です。
最先端分野の研究者と一緒に、将来、世界に貢献する技術・装置の開発プロジェクトに関われるのは得がたい経験です。国際的に注目されるビッグプロジェクトの一員として働いていただける方を募集しております。

■ポジション名

【ITER機構】Equipment Qualification Coordinator (IO0922)

■仕事内容

機器認定コーディネーターとして、技術プロセスの定義付けと実装、インプットデータ作成、機器認定の状況管理と監視、機器認定に関連する活動の管理を担当。

■募集条件(概要)

― 原子力等極めて厳しい制限がある環境下での複雑且つ国際的なプロジェクトにおける機器認定に関する少なくとも10年の経験。
― 機械、化学、原子力工学またはその他の関連分野の「修士号」又は同等の学位
  (相当な経験があれば学歴条件が免除されます)
― 英語:流暢(ライティングとスピーキング)
― 機械故障メカニズム、機械の環境条件に関する感度性の優良な知識と実装経験
― 機器認定に関するIEEE, IEC, IAEA, NRC, RCC-M/MR/MX等の原子力規格の知識
― DOORS及びPLMの使用経験があれば有利

---------------------------------------------------------------------------
各公募情報の詳細は #ITERJapan HPをご覧ください。
http://www.fusion.qst.go.jp/ITER/staff/page6_2.html

■勤務地

フランス ITER機構

■グレード

P4(初年度Real Net 82,872ユーロ)

*Real Net: 手取り額(内部税、年金、医療・死亡・傷害保険差し引き後)

■その他

社会保険完備 / 住宅手当 / 家族手当 / 育児支援制度 / 研修あり

・赴任旅費・転居費用 全額支給
・現地には日本語教育を受けられる国際学校があります。

ITER計画は、1985年ジュネーブでの米ソ首脳会談をきっかけとして開始された、新エネルギー開発の超大型国際プロジェクトです。 35年計画で、核融合エネルギーが科学技術的に成立することを実証する為に、人類初の核融合実験炉を実現しようとしています。
計画は日本・欧州連合(EU)・ロシア・米国・韓国・中国・インド の七極により進められており、現在フランスのサン=ポール=レ=デュランスにて実験炉を建設中です。
最先端分野の研究者と一緒に、将来、世界に貢献する技術・装置の開発プロジェクトに関われるのは得がたい経験です。国際的に注目されるビッグプロジェクトの一員として働いていただける方を募集しております。

■ポジション名

【ITER機構】Compensation and Benefits Assistant IO0944 (1301)

■仕事内容

- ITER機構及びその職員への効果的なHRサービスの提供。 - 給与計算・福利厚生の調整役と密に協力し、権利、労働条件、契約、その他の雇用関連事項に関する職員の質問に対して総合窓口としての役割を担う。 - HRの事務的手順やポリシーの開発と改善、そしてHRプロセスの自動化の推進。

■募集条件(概要)

- 国際機関等技術的・科学的な組織内において、外国籍の駐在員に対しHRサービスを提供した経験(少なくとも3年)。
- 人事、財務、経営管理、またはその他の関連分野の「学士号」又は同等の資格
(相当な経験があれば学歴条件が免除されます)。
- 給与計算・福利厚生及びHRアドミニストレーションの経験。
- SAP-HCM及びSAP Success Factorsの経験があれば有利。
- 英語:流暢(ライティングとスピーキング必須)。

---------------------------------------------------------------------------
各公募情報の詳細は #ITERJapan HPをご覧ください。
http://www.fusion.qst.go.jp/ITER/staff/page6_2.html

■勤務地

フランス ITER機構

■グレード

G3(初年度Real Net 42,245ユーロ)

*Real Net: 手取り額(内部税、年金、医療・死亡・傷害保険差し引き後)

■その他

社会保険完備 / 住宅手当 / 家族手当 / 育児支援制度 / 研修あり

・赴任旅費・転居費用 全額支給
・現地には日本語教育を受けられる国際学校があります。

問い合わせ先

日本国内機関窓口 三上 晃稔(Mikami Akitoshi)
E-mail jada-recruiting@iter.jp
ページトップへ

GE ゼネラルエンジニアリング