RECRUITING SITE

ゼネラルエンジニアリングは
マイナビのグループ企業です。
マイナビグループ

原子力発電所のリスク評価、
システム開発中井 圭吾2019年 新卒入社 本社

設計に特化したGEで自分の仕事を見つけ
上流工程からものづくりに関わりたかった。

就職活動中は、いろんな業界を見て回りました。自分が専攻している学科に関わる会社はもちろん、機械、電気、建築やエネルギー関係など、どの分野でも面白そうだと思える点があり、業界を決めきれずにいました。GEと出会ったのは合同説明会に行ったときで、ものづくり自体は全般的に好きだったこともあり、ここでなら自分の好きな仕事を見つけ出せると感じて入社を志望しました。
また、GEは設計に特化している会社なので、設計という上流工程を知ることができれば、ものづくりの全体を把握できると思ったことも入社理由の1つです。新しいものを生み出せる点や、開発に求められる条件を突き詰めて考え、答えを導き出していく工程が好きで、設計に魅力を感じていました。この点については、今の仕事で設備の全体を俯瞰する役割を担っていることからも、間違いのない選択だったと思います。

日本のエネルギー問題解決のために
欠かせない仕事だからこそ、やりがいがある。

私が担当している仕事は、原子力発電所の安全性を解析するソフトに関する業務で、システムエンジニアとして働いています。解析ソフトを用いることで、原子力発電所で発生するあらゆる事故に対して、その発生頻度と発生した場合の影響を割り出し、安全性を評価します。幾重にも張り巡らされている安全装置を正確に運用するために欠かせないもので、これにより示される基準値は、原子力発電所の再稼働の検討にも用いられています。
大きな機器内の弁や遮断機といった一つひとつについて解析を行うためリストは大量になり、装置が起動しなかった場合の次の安全対策についても検証していくため、膨大な作業が必要になります。
原子力発電という、極めてデリケートな分野ではありますが、日本のエネルギー問題を考えると、より安全に稼働できるようになることは非常に重要なことですし、稼働を止めたままにするとしても誰かがやらなければいけない絶対に必要な業務なので、仕事を通して社会貢献ができていることはやりがいに繋がっています。

GEの制度を活用し、技術と語学の知識を深め、
エンジニアとして成長していきたい。

今の仕事はとても責任のある役割を与えられていると感じています。もし一つのミスでもあったら大変な事故に繋がる可能性があるので、とても緊張感のある中で働かせてもらっています。現在、1年かけて行ってきたプロジェクトが完了を迎えようとしているので、このまま無事に進めばこの上ない達成感を味わえると思います。
今後については、この仕事を続けていくために、発電所内のさまざまな機器についてより一層の理解を深めていかなければいけないと感じています。技術に関わる資料は、英語で書かれた文献が圧倒的に多いので、知識をつけていくためにも英語の勉強は必須になってきます。GEには教材の購入を補助してくれる制度があるので、積極的に活用して、必要なときには研修等のサポートも受け、エンジニアとして成長していければと考えています。

RECRUIT

新卒採用

2020年卒の方

下記就職情報サイトからも「エントリー」を受け付けています。

中途採用

キャリアの方、第二新卒の方